マウスピース矯正のケース(リテーナーケース)

マウスピース矯正のケース(リレーナーケース)香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース矯正は矯正装置が外れたら終わりではありません。キレイに歯が並んだ後はリテーナーという保定装置で歯や噛み合わせを維持させる期間が必要になってきます。

この時期を「保定期間」といいます。保定期間にリテーナーをきちんと装着することが非常に重要になってきます。

マウスピース矯正のリテーナーの目的や種類、期間、なくした時や壊れた時どうすればいいのかお話していきます。

リテーナー(保定装置)とは

マウスピース矯正の装置で歯を動かしたあと、歯を安定させる大切な装置です。

マウスピース矯正のリテーナー(保定装置)香川県高松市の吉本歯科医院
マウスピース矯正の装置を取り外した直後の歯は周囲の骨が非常に不安定です。不安定なため歯が動きやすい状態になっています。この状態でリテーナー保定装置をせずに通常のお食事などをしてしまうと治療前の歯並びに戻ってしまいます。これが「後戻り」と呼ばれる現象ます。

リテーナーは治療後の後戻りを防ぐ装置として、歯を正しい位置に保定し維持させることために必要なものです。マウスピース矯正で歯を動かす期間が終わった後、 リテーナー保定装置により整った歯並びや噛み合わせを維持し続ける大切な装置となります。マウスピース矯正は装置が外れたから終了ではなくリテーナーでの保定期間で整った歯並びを維持し続けることが重要dす。

マウスピース矯正の「後戻り」の原因は?

マウスピース矯正は装置によって一定の力をかけ続けることによって歯を動かす治療です。歯を動かす時には歯の周りの骨がいったん溶けはじめ(吸収され)溶けてできた隙間に新しい骨ができることで歯が動いていきます。マウスピース矯正が終了した後は、歯の周りの骨がしっかり詰まっていない非常に不安定な状態になっています。そのため、マウスピース矯正で歯並びがきれいに並んでも治療前の歯並びに戻ろう戻ろうとする力が働きます。そうすると「後戻り」が起こってしまうのです。後戻りを起こさないためにはマウスピース矯正で歯を動かす装置を外した後は歯を保定するリテーナーを装着し歯を正しい位置に維持し続けることが大事なのです。

リテーナーの種類と特徴

吉本歯科医院では使用しているリテーナーはマウスピース型タイプです。

マウスピース矯正のリテーナー(保定装置)香川県高松市の吉本歯科医院
透明マウスピースなので目立ちません。

マウスピース矯正の装置と同じようにお食事の時や歯磨きの時には取り外して頂けます。

リテーナー装着はどれだけの期間使う?

マウスピース矯正によって移動した歯が後戻りを起こさないように、歯の周囲の骨や筋肉を安定させる期間を「保定期間」といいます。リテーナーはこの保定期間に使用します。保定期間(リテーナーの装着期間)は個人差がありますが、一般的には矯正期間と同じくらいの期間が必要であるといわれています。

リテーナーは長期的な継続を

私たちの歯は一生動き続けます。歯や歯茎、顎の骨などは年を重ねるごとに毎日少しづつ変化し続けています。リテーナーは可能な限り長期的な使用をおすすめしています。リテーナーを常に使っているとリテーナーを装着する時に「あ、少しきついな」とか「少しゆるくなってきているな」という微妙な変化を感じることができます。微妙な変化であればすぐに装置を調整していけば整った整った歯並びを維持できますし後戻りもおこしません。保定期間が終了したあとも、定期的に後戻りのチェックを受けてください。せっかくマウスピース矯正で手に入れたきれいな歯並びを長く維持していただくためには長期的なリテーナーの継続をおすすめします。

 

リテーナーのよくあるトラブルと解決法

リテーナーはマウスピース矯正後の後戻りを防ぐ大切な装置です。取り外しが可能なリテーナーはご自分のタイミングで自由に取外しが可能なです。そのためどうしてもリテーナーの装着をさぼりがちになってしまう方も多くなってしまいがちです。万が一リテーナーの装着をさぼってしまったり、紛失してしまった場合など、または壊れてしまった場合にはどのように対処すればよいかお話します。

 

リテーナーをさぼった

よくあるご相談で「リテーナーを装着するのをサボってしまった」ということについてです。そんな場合にはまずお手元にあるリテーナーをお口の中に装着してみましょう。長い期間装着をサボっている場合にはリテーナーを装着すると「きついなあ」とお感じになるかもしれません。少々のきつさを感じても、以前と変わらず装着することができていれば後戻りが起きている心配はありません。わずかな歯の移動であれば再びリテーナーを装着することでリカバリーすることができます。歯の移動を軌道修正し、もとの正しい歯列に誘導することができることもリテーナーの役割です。

しかしもし、長い期間リテーナーの装着をサボっていてひさしぶりにリテーナーを装着した際に「きつくて入らない」「入れると痛い」「パカパカ浮いている」「以前のようにピッタリはいらない」といった違和感や痛みがある場合は、リテーナー装着をサボってしまった間に「後戻り」が進んでしまった可能性が大きいです。リテーナーを装着していない期間が長ければ長いほど歯並びが以前の状態に戻ろう戻ろうとする「後戻り」が起こります。このような状態にまでなってしまった場合にはマウスピース矯正治療の再治療が必要になる可能性もあります。できる限りはやく歯科医の診察を受けるようにしてください。

リテーナーが壊れた

「ワイヤーが歪んでいる」「プラスチックが割れた」など、明らかなリテーナーの破損はもちろんのこと、ちょっとしたヒビやたわみもできるだけ早いうちに歯医者さんに相談してください。リテーナーはきれいに並んだ歯並びや噛み合わせを維持できるように、お口にフィットするように作られています。ですから、僅かなヒビやヒズミ、ワイヤーのゆがみであっても歯並びに影響が生じる可能性があります。

小さな破損であれば簡単な修理で済むため、その日のうちに元通りに。亀裂や歪みが大きくなればなるほど修理も複雑化し、一から作り直しとなる可能性もあります。現在お使いのリテーナーに何らかのトラブルがある方は無理に装着し続けず、できるだけ早めに歯医者さんを受診するのが得策です。

リテーナーを失くした

リテーナーが壊れてしまった、またはリテーナーを紛失してしまった場合にはおはやめに歯科医院に連絡し新しいリテーナーを作ってもらって下さい。ただし、リテーナーを再度作成する場合には時間と費用がかかってしまいますのでご注意下さい。リテーナーは破損や紛失からガードする「リテーナーケース」がおすすめです

マウスピース矯正のケース(リレーナーケース)香川県高松市の吉本歯科医院

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。

最新記事 by 吉本彰夫 (全て見る)

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院