マウスピース矯正の成功のために必要なこと

マウスピース矯正成功のために必要なこと|香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース矯正治療はとても人気が高く多くの方に選ばれる治療法ですがマウスピース矯正治療の費用は決して安いものではありません。せっかく費用と時間をかけて歯並びを矯正するのですから「必ずキレイな歯並びにしたい」というのはどの患者さんにとっても同じです。マウスピース矯正による治療が成功のために必要なことをお話します。

装置は1日20時間以上装着する

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院

マウスピース矯正が成功するために最も必要なことはマウスピース装置を1日20時間以上装着するということです。マウスピース矯正治療は装置を歯にいれることで歯を動かしていくものです。ですので装置が入っていない時間が長くなればなるほど歯の動きが遅れてしまうのです。マウスピース装置は飲食時や歯みがきの時以外は常に装着しておいて下さい。またコーヒーや紅茶を飲む際にも外すのですがあまり取り外しの回数が増えることはよくありません。マウスピース矯正期間中は飲み物は水か白湯に決めているという患者さんもいらっしゃいます。水か白湯であれば着色しませんので装置を入れたまま水分補給することができます。1日20時間以上は装着できるよう、しっかり自己管理していくことが大切です。

チューイを使う

マウスピース装置を装着したらチューイを使ってしっかりはめ込みます。前歯から奥歯にかけて順番に噛みこんでマウスピース装置を歯に密着させます。装置と歯に隙間があると歯の動きに支障が出てしまうため、チューイの使用はとても大切です。

装置が浮いたりフィットしない時は自己判断で次に進まない

マウスピースと歯の間の隙間が気になってきたときは速やかに歯科医師に相談してください。フィットが悪い装置を装着を続けていると歯の動きの妨げになることもあります。自己判断で無理に次に進まず必ず相談するようにしてください。

まとめ

マウスピース矯正治療では間違いなく言えることは患者さんのご協力がなくてはマウスピース矯正治療は成功しません。例えば装着時間が短かったり、一日の内でつけ外しを行う回数が多い方などは、予定通りの歯の移動ができずマウスピースとの間にズレが出やすいです。マウスピースを装着していない時間は歯を移動させる矯正力が作用していないだけではなく、上下の歯が噛み合う力によって歯が移動させたい方向と別の方向に移動して行ってしまいかねません。せっかくはじめたマウスピース矯正であれば最後まで二人三脚で頑張り治療を成功させましょう。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。
香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院