マウスピース矯正中に装置を紛失。作り直しはできますか?

マウスピース矯正装置を紛失!作り直しは可能?香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース矯正治療中にマウスピース装置を紛失してしまった場合。作り直しはできますか?とご質問にお答えします。マウスピース矯正はマウスピース装置を長時間装着することにより歯が動く治療です。ですので装置を紛失しマウスピースを装着してない時間が長くなればなるほど治療期間は予定よりも伸びるケースが多くなります。少しでもはやくマウスピース矯正の治療期間を終わらせるために治療中に注意して頂きたいことをお話していきます。

マウスピース装置は1日20時間以上!

マウスピース矯正は装置を1日20時間以上装着することが重要です。お食事と歯磨き以外の時間はすべてマウスピース装置を装着して頂くようになります。ここはとても重要なことですが、決められた時間きちんとマウスピース装置を装着することが治療期間を短縮する一番の方法になります。マウスピース矯正はマウスピース装置を装着しなければ歯を動かすことができません。当然長時間マウスピースの装着を忘れてしまったり、マウスピースを紛失してしまい装置を装着できない時間が長くなればなるほど歯が元の位置に戻る後戻りを起こし、新しいマウスピースがキツクてはまらなくなったり、最悪の場合はマウスピースの作り直しになってしまうこともあります。作り直しが必要になるとその期間分治療期間も伸び、毎月にかかる調整代も余計にかかるようになってしまいます。あたりまえのことにはなりますが、毎日決められた時間きっちり装着するようにしましょう。マウスピースを装着しているのがあたりまえの状態に習慣化して頂くことが成功の大きなカギとなります。

 

マウスピース装置の紛失を防ぐ

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院

これも実際によく起こるケースです。マウスピース装置の紛失も、治療期間を長引かせる原因になります。新しいマウスピース装置を作製しないといけなかったり、歯が後戻りを起こして長い期間マウスピースをつけなくてはいけなかったりということになってしまいます。よくあるのがお食事に出かけた際に、マウスピース装置を外しそのまま紛失してしまうというケースです。マウスピース装置は外す際にはマウスピースケースに入れて保管するようにしましょう。お出かけの際にはマウスピースケースも持参するように気をつけましょう。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。

最新記事 by 吉本彰夫 (全て見る)

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院