マウスピース矯正治療中の旅行について

マウスピース矯正中の旅行について 香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース矯正治療中に旅行にお出かけになる場合の注意点についてお話します。マウスピース矯正は1日20時間以上の装着が必要です。しかし旅行中どうしても20時間以上使えない場合にはどうしたらいいのか?といった質問にお答えします。

マウスピース矯正治療中に旅行するに気をつけること

マウスピース装着時間の厳守

マウスピース矯正治療中は、旅行中であっても常にマウスピースを装着して頂く必要があります。旅先にマウスピースを忘れてしまったり、装置を外している時間が長くなれば長くなるほど次につけた時には「装置が浮く、入らない、キツイ、フィットしない」ということが起こってしまいます。このような場合、再度装置を作り直しすることとなります。装置を入れる時間が少なすぎるということは患者さんの責任となってしまいますのでマウスピースの不具合は再作製に費用が発生します。ご注意下さい。

予備のマウスピースを持参

旅行中にマウスピース装置を紛失されたり何かしらの理由で破損してしまう可能性もあります。よくあるのがお食事中に話しに夢中になり装置を外して机の上にポンと置いたまま忘れてきてしまったということです。予備のマウスピースがあればすぐに対応することができます。

 

マウスピース洗浄剤を持参

専用のマウスピース洗浄剤を持参し、週2〜3回はマウスピース装置の洗浄をして下さい。リテーナーシャインはマウスピース装置や保定装置リテーナーでもお使い頂けます。リテーナーシャインは顆粒タイプになっています。

マウスピース矯正中に旅行に行かれる場合には出発される前に歯科医師や歯科衛生士にしっかりとご不安なこと・ご質問をお伝え下さいね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。

最新記事 by 吉本彰夫 (全て見る)

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院