出っ歯で口が閉じれない|マウスピース矯正で治りますか?

出っ歯で口が閉じれない|マウスピース矯正で治る?香川県 高松市の吉本歯科医院

上顎前突(出っ歯)はマウスピース矯正で改善できますか?というご相談はとても多いです。「出っ歯なのが気になる」という歯の悩みはとても多いお悩みです。出っ歯になってしまっている原因はいろいろあります。出っ歯になってしまう原因によりさまざまな治療がご提案できます。今回はマウスピース矯正での出っ歯(上顎前突)は改善できるかどうかについてお話します。

マウスピース矯正による出っ歯の矯正ができる範囲

マウスピース矯正のリテーナー(保定装置)香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース矯正での出っ歯(上顎前突)の治療は可能な場合と、できない場合があります。この診断はお口の状態、骨格的な問題、噛み合わせの問題を診させて頂いてからの判断となります。また前歯が飛び出して出っ歯になっている根本原因が何かにもよってもマウスピース矯正ができるかどうかが決まります。お口の中に出っ歯になってしまう原因を残したままマウスピース矯正をすすめてしまうと必ず治療後、歯並びが崩れてしまうことになってしまいます。マウスピース矯正治療にあたり必要な歯の移動量がある程度の範囲内に収まっているなど許容範囲内であるなどの条件を満たせばマウスピース矯正でも治療は可能になります。

マウスピース矯正での出っ歯(上顎前突)の治し方

出っ歯(上顎前突)のマウスピース矯正治療は上下の顎に骨格的な問題がない場合が前提となります。まずは前歯を並べるためのスペースを確保し、そのスペース使い前歯を引っ込めるよう歯を動かしていくいう流れになります。

ディスキング(歯を削る)

前歯を並べるためのスペースを作るため歯を少し削り取り、スペースを確保するします。前歯を削り細くすることで歯を並べようとする方法です。歯の表面のエナメル質を削り取るので、削り取り過ぎると知覚過敏やう蝕のリスクがあるため確保できるスペースには限度があります。5〜6mm程度の削る量までです。確保できるスペースの関係から大きく引っ込めることはできませんが、軽度の上顎前突であればこの方法で対応できます。マウスピース矯正では主にこの方法で治療することになります。またマウスピース矯正、ワイヤー矯正どちらでも、この方法で治療することが可能です。

歯を抜いての矯正

前歯を下げるのに必要十分なスペースがディスキングでは得られない場合、抜歯をすることでスペースを確保し、矯正を行う方法です。抜歯矯正です。歯を抜くことでスペースが確保されるため、大きく前歯を引っ込めることができます。

マウスピース矯正でできること

マウスピース矯正は、歯列にマウスピース状の矯正装置を装着して歯列を整えていく矯正方法です。つまり顎の骨自体を矯正できるわけではありません。歯列全体を動かしたい場合はほかの矯正法との併用が必要であり上下の咬み合わせを整合したい場合もほかの矯正法との併用が必要です。マウスピース矯正では適応できる症例に限りがあります。マウスピース矯正はどちらかというと部分矯正に適した矯正法、軽度の矯正治療になります。上顎前突(出っ歯)の場合、「前歯だけ、あるいは前歯の一部分だけが前に突きでている」といった症例であればマウスピース矯正で対応が可能でしょう。乱杭歯・叢生・歯並びがガタガタなどの原因で前歯がほかの歯に押し出されて出っ歯になっている状態など、歯列の乱れが原因となっている場合であれば適応できる可能性があります。しかし上顎と下顎の咬み合わせにズレがあったり骨格自体に出っ歯の原因があったりする場合は、抜歯や骨格を切るや削る等の大掛かりな外科手術が必要となります。重度な出っ歯の場合もマウスピース矯正だけでは治療は困難なケースがほとんどです。マウスピース矯正ができる範囲内なのかの判断はご自身では難しいのでお気軽にご相談下さい。

まとめ

出っ歯(上顎前突)のマウスピース矯正での治療についてみてきました。上顎前突の治療は歯を大きく動かす必要がある場合が多く、マウスピース矯正では満足いく結果が得られづらかったり治療が難しい場合や、ワイヤー矯正の方が適する場合も多いですが、条件によっては治療可能なこともあります。出っ歯が気になっていたり、マウスピース矯正でどこまで治せるか気になる方は一度ご相談ください。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。
香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院