マウスピース矯正中 食事、間食は?香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース矯正治療では歯を動かしていくために1日最低20時間以上のマウスピース装着が必要です。お食事や歯磨き以外の時間は常にマウスピース装置を入れている状態ということです。マウスピース矯正で装置を入れている時に間食やコーヒー紅茶を飲んでもいいですか?というご質問がよくありますがお食事や飲み物を飲む際には必ずマウスピースを取り外してください。マウスピース装置を外さずに飲食をしますと装置が変形したり、マウスピースが着色してきたりする可能性があります。面倒だとは思いますが飲食の際には必ずマウスピース装置を取り外しましょう。

マウスピース装着時は水か白湯のみ

マウスピース矯正をしている時はマウスピース装着時に飲めるものは水か白湯のみです。水か白湯は無色透明ですので着色の原因にはなりません。しかし今まで一日何度もコーヒーを飲まれる習慣がある方は多いかと思います。マウスピース装置を付けたままコーヒー紅茶を飲んでしまうとマウスピース装置の着色の原因となってしまいます。マウスピース装着時には、基本的に無色透明の飲み物だけを飲みましょう。具体的には、水か白湯のみです。糖分が含まれている飲み物はマウスピース矯正中は控えて頂くことをおすすめします。糖分を含みさらに酸を含んだコーラや甘い炭酸ジュースなどは虫歯の大きな原因となってしまいます。

当院でのマウスピース矯正をされている方は治療中はコーヒーや紅茶、糖分の入った飲み物は一切飲まないという患者さんは多いです。もし飲まれる場合には必ずマウスピース装置を外し、飲み終わったらキレイにブラシをしうがいをしてからマウスピースを再度装着して下さい。

マウスピ―ス装置専用の洗浄剤での手入れ

マウスピース矯正装置の洗浄には専用の洗浄剤を用いることをおすすめします。歯科医院で取り扱っています。毎日のケアはもちろんのこと、周囲に1~2回程度この洗浄剤を活用することで、マウスピース矯正装置の着色の予防になります。

まとめ
________________________________________
着色を防止するポイント

①食事や飲み物を飲む時にはマウスピ―ス装置を外す
②マウスピース矯正装着中の飲み物は水や白湯のみ
③専用の洗浄剤での洗浄

この3つのポイントを実践するだけでも、マウスピ―スの着色は防止することが可能です。着色を防止するということは、マウスピ―スを清潔に保つことにもつながるため、お口の健康にも寄与します。その結果、治療計画通りに歯の移動も進んでいきます。

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。

最新記事 by 吉本彰夫 (全て見る)

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院