マウスピース矯正中、歯がかゆいと感じる|香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース矯正をしようかどうか迷っていらっしゃる方からの質問でとても多い「マウスピース矯正中の歯がかゆいと感じる」についてお話しします。マウスピース矯正中に感じる違和感とは大きく分けて2つあります。歯が動く時の痛みマウスピース矯正の装置が口の中に当たってしまっての痛みです。

 歯を動かすための痛み

矯正治療では、使用する矯正装置がマウスピースであれワイヤー装置であれ歯を動かして歯並びを治していくという原理は同じです。マウスピース矯正治療では歯に圧力を加えることで、歯槽骨(歯が固定されている部分)に変化を与えていきます。力を加えられた歯槽骨は徐々に溶けていき、歯が動いてきます。歯の進行方向と逆の歯槽骨では歯が動いた分を補うように骨が作られていきます。マウスピース矯正治療で感じる痛みはこの「歯が動いていく」際に起こる痛みです。マウスピース矯正中の痛みは「歯が動いている証拠」です。しかしこの痛みはずっと続くわけではありません。マウスピース矯正装置を付けてすぐの「歯を動かしはじめている」時期やマウスピース矯正装置の調整を行った後にこのような痛みをお感じになります。一般的に痛マウスピース矯正の痛みは1日程度で弱くなり、3日程度で消えます。日に日に圧迫感がなくなっていきます。痛みの感じ方や程度は個人差がとても大きいです。キリキリと締め付けられるように強く痛むという方もいれば、ムズムズとかゆくなるという方など、さまざまです。

マウスピース矯正装置が当たる痛み

マウスピース矯正のリテーナー(保定装置)香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース装置は薄いプラスチック製で歯を滑らかに覆うようになっています。ワイヤー矯正の金属のブラケットやワイヤーは口腔内を傷つけたり、痛みを感じることがありましたが、マウスピース矯正ではその心配はほぼありません。マウスピース矯正中の痛みのひとつであるお口の中の傷や口内炎の痛みは、マウスピースによる矯正治療では限りなく少なくなります。マウスピース矯正の装置の交換はだいたい2週間に1回です。ワイヤー矯正より回数は多いですが、その分1回の歯の移動幅が小さく、歯にかかる圧力も少ないので、痛みは比較的軽くすみます。マウスピース矯正は歯磨きやお食事の時に外すことができますが、外す時に鈍い痛みを感じる方もいらっしゃいます。装置を外すことで歯にかかっていた圧力がなくなり歯が元に戻ろうとするために発生する痛みで、長く続くことはありません。

マウスピース矯正は痛くないですか?

個人差もありますがワイヤー矯正と比べるとかなり痛みは少ないといえます。マウスピース矯正はアライナー交換ごとに歯をすこしずつ動かしていきます。わずかな力で少しづつ歯を移動させていくのです。「痛い」といお感じになられるより『歯が締め付けられる感じ』とおっしゃられる方がほとんどです。歯が締め付けられるように感じるのは歯が移動している証拠でもあります。

 

痛みのピークは?

マウスピース矯正は歯を動かす方向へ圧力をかけますが、圧力が最も強くかかるのは初めてマウスピース矯正装置をつけたときや交換したばかりのときです。そのため、ほとんどの方が矯正装置をつけてしばらくすると痛みを感じます。一般的に、痛みは1日くらいで弱くなり、2-3日ほどで消えます。そして日に日に圧迫感がなくなっていきます。痛みの感じ方や程度は個人差がとても大きいようです。キリキリと締め付けられるように強く痛むという方もいれば、ちょっとむずがゆくなる程度という方など、実にさまざまです。初めてマウスピース装置を使いはじめる時や新しいステージのマウスピース装置に交換した際に痛みや違和感が出やすいです。マウスピース装置は交換して最初の3日間が最も歯を動かします。マウスピース矯正の痛みのピークはこの頃になります。

 

万が一我慢できないくらい痛い場合には?

マウスピース矯正の装置は治療スターチ時に歯の動きを想定して作成されています。しかし患者さんによっては装着時間の短さや装置の変形などにより想定通りに動かず、新しいマウスピース装置の交換時に過剰な力がかかってしまう場合があります。そのような時には次のステージに進むのをいったんやめ、一つ前のマウスピース矯正の装置を長めに使用して頂きます。そしれ歯が動いたことを確認してから次のステージに進むことがあります。我慢できないほどの痛みを感じている場合にはすみやかに歯科医師に相談して下さい。

以上のような『歯を動かすための痛み』の場合は正常な痛みとお考え下さい。マウスピース矯正中の痛みは歯並びが移動している証拠です。マウスピース矯正治療では痛みを感じても『マウスピース矯正の効果が出ているんだ』と前向きにとらえてゴールまで頑張っていきましょう!

歯茎が痛い場合

マウスピース矯正中に、歯茎の腫れや痛みをお感じになる方もいらっしゃいます。マウスピース矯正中の歯茎の痛みや腫れ、考えられる原因をお話します。

①お口の中の清掃不良で歯周病が進行

歯周病は歯垢とよばれる細菌の塊によって、歯茎や歯を支える骨などの組織に炎症が起きている状態です。歯垢は歯に強固に付着しているだけでなく、マウスウオッシュやうがいだけでは落とすことができません。こまめに歯ブラシや歯間ブラシ、フロスで除去していなければすぐに炎症を起こしてしまいます。お口の中の衛生管理をしないままマウスピース矯正装置をつけてしまうと、ばい菌を一緒にはさみこんだまま長時間装置をしていることになってしまいます。歯にとって非常に不潔な状態になってしまいます。マウスピース矯正治療をする場合には今まで以上にお口の中の清掃を気をつけて行いましょう。

②歯と歯の間にモノが詰まってしまっている場合

マウスピース矯正では歯の移動に必要な隙間を作るために、歯と歯の間を削る場合があります。そのため、削合した部分はしばらく隙間に食べ物が挟まりやすくなります。隙間に食べ物が挟まった状態で食事をすると、挟まったものがさらに奥に押し込まれてしまい、お痛みが出る場合があります。フロスや歯間ブラシ除去しようとして逆に歯と歯の間に押し込んでしまっているう場合もあります。マウスピース矯正中のフロスは歯と歯の隙間の大きさに適したフロスを使うようにしてください。どのサイズのフロスや歯間ブラシを使えばいいのかは歯科医師か歯科衛生士に確認して下さいね。

マウスピース矯正の装置が歯茎にあたる

歯肉が腫れていたりすると、マウスピース矯正の装置のはしの部分が歯茎にあたってお痛みがでる場合があります。そのような場合は歯科医院にご相談下さい。すぐに行けない場合には、やすりを使用してご自身で気になる部分を調整することも可能です。ご不安な場合には我慢せず歯科医師に相談してください。

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。
香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院