マウスピース矯正 抜歯する?抜歯しない?

歯の矯正治療を行うにあたって、

歯を抜くのか?抜かないのか?

歯を削るのか?削らないのか?

というご質問を多くいただきます。

 

イメージ的には6人がけのイスがあって、

高松市のマウスピース矯正

例えば、お相撲さんが6人座ろうと思うとちょっと窮屈ですよね。

高松市のマウスピース矯正

そのときに、例えば6人のお相撲さんではなくて

2人退いていただいて

4人が座るのであれば、ゆったりと座ることができます。

高松市のマウスピース矯正

これが抜歯矯正と言いまして、

顎の骨の中に入るだけの歯の本数分入ってもらう。

 

入り切らないところには退いてもらう。

これが1つ目です。

 

2つ目は、それぞれのイスがお相撲さんに対して小さいわけだから、

うまく座れません。

6人のイスがそれぞれ大きくなれば、

ゆったりと座ることができます。

高松市のマウスピース矯正

つまり、顎の骨は拡大矯正できます。

広げることによって座る場所を作る。

 

これが2つ目です。

 

3つ目は、骨の大きさ。

実は10代20代であれば、

10代前半は特にですけれども、

いろいろと成長を促すということを手助けすることによって、

骨の成長を(位置・大きさ)を変えることができます。

しかしながら、10代後半20代になってくると、実際難しいです。

では、どうすれば6人がけに6人スパッと座れるのか?

お相撲さんがダイエットしてくれて痩せたら座れますよね。

高松市のマウスピース矯正

ですから、この歯には幅がありますから、

この両脇の歯の幅を少し削ることによって、

細い歯にするんですね。

 

そうすると6人が6人の中にきちんと座る。

この3つの治療の内容によって、

歯をどういうふうに動かすかが決まっていきます。

 

マウスピース矯正の場合には、

大きく歯をそのままスライドさせるというのは非常に苦手ですので、

通常は大きい歯を細くすることによって中に入ってもらう。

 

これが多いです。

 

歯を削らずにそのまま広げる、そのままそろえるだけでは、

骨の外に歯が飛び出してしまう。

こういう副作用もありますので、

その方、患者様自身の年齢や成長、発育状態の時期など、

そうゆうものによって治療が変わります。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。
香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院