マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い 香川県高松市の吉本歯科医院

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

マウスピース矯正とワイヤー矯正、違いは装置の見た目だけでなく、様々な点において矯正方法が違います。見た目の違い、歯並びや口腔内の状況による治療の可否、生活する上での利便性など、マウスピース矯正とワイヤー矯正ではどちらにも長所短所があります。矯正治療といえば一般的にイメージされるのはワイヤー矯正治療ではないでしょうか?

ワイヤー矯正とは

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院

ワイヤー矯正とは歯の表面にブラケットという小さな装置を取り付けワイヤーを通して力をかけ徐々に歯を正しい位置に移動させていくという矯正治療の方法です。にこっと笑った時に歯に矯正器具がついている人をよく見るのではないでしょうか?ワイヤー矯正はほとんどの症例に適用でき歯の表面にブラケットをつけて固定してしまうため確実に矯正治療の効果が感じられるという長所があります。しかし短所としてブラケットの金属の装置やワイヤーが目立ったり、金属アレルギーにならないかという不安があったりという短所があります。また大きく歯を動かしていくことで最初にどうしても多少の痛みが出るのも特徴です。矯正しているのが人にバレるのが嫌だからワイヤー矯正はしたくないという方もいらっしゃいます。

マウスピース矯正とは

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院

一方マウスピース矯正は、数年でかなりの数の方が選択されるようになった矯正治療方法です。大人になってから矯正したいという方も多くいらっしゃいます。歯型を採って製作したマウスピース装置(透明なマウスピース型の装置)を、歯の動きを見ながら一定期間ごとに交換していき徐々に歯並びを改善させていきます。このマウスピース装置は透明で目立たないことがため矯正治療をしていることが他人にわからないという点は大きなメリットです。従来型ののワイヤー矯正の見た目に抵抗があったという方はマウスピース矯正を選ばれる方が増えています。そしてマウスピース矯正は装置をご自身で取り外すことができます。食事や歯磨きの時間以外には装置を入れておく必要があります。1日20時間以上の装着が必要です。マウスピース矯正の効果を確実に得るには自己管理をしっかりしマウスピース装置を装着し続けることが必要です。

マウスピース矯正とワイヤー矯正 比較表

マウスピース矯正 ワイヤー矯正
見た目 透明な装置でで立たない 表の装置は目立つ
来院して調整する頻度 2~3ヶ月に一度でOK 毎月来院
通院中の診療時間 20~30分程度 60分前後
歯磨きの手入れ 装置の取り外しが可能なので手入れがしやすい 器具にモノがつまりやすく手入れがしづらい
虫歯や歯周病への影響 ほとんどない 手入れがしにくく虫歯や歯周病なりやすい
装置の装着時間 1日20時時間以上(食事と歯磨きのとき以外すべて) 装置つけっぱなしのため24時間
発音(しゃべりやすさ) しゃべりにくさ若干あり ほとんどない

The following two tabs change content below.
香川県 高松市のかみあわせ専門歯科 院長吉本彰夫 歯学博士。大人になってから歯並びをキレイにしたい方へ目立たないマウスピース矯正を提供。マウスピース矯正をする際に気をつけておくべきことを発信中。放送大学講師、市民講座講師。

最新記事 by 吉本彰夫 (全て見る)

香川県 高松市で目立たない矯正マウスピース矯正なら吉本歯科医院